aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

埃だらけのコーヒーミル

f:id:aotaterumegumi:20180111144556j:plain

埃だらけのコーヒーミル。

 

わたしまで、

これは子どものおもちゃだと認識しかけてた。

アブナイアブナイ。


コーヒーを弾いて淹れる!

こんなことを忘れてた。

いつぶりだろう。

 

なんて自由な気分。

 

子育てって、体もだけど気持ちも忙しい。

だけど。

コーヒー一杯を淹れる、なんていう贅沢な時間がなかった。

ってだけじゃない気もする。

 

日本一美しい村で、

ちょっと素敵な珈琲屋さんで働かせてもらっていたころ。

楽しかった。すっごく楽しかった。

いろんなことを教わったなあ。

 

あれから何年?

時間をかけて、わたしの自由な時間と感覚が、

ちょっとずつ戻ってきた証拠かな。

 

あの頃と違うのは、

ノンカフェインを飲むことが多くなったこと。

 

やかんをのぞくお湯の温度や、豆の細かさ。

挽きたての豆の香り。

思い出すいろんなこと。

 

きっとそのすべてが、

あのころとは同じじゃないけれど、

 

この町でも、お気に入りの珈琲屋さんを見つけて、

自分で豆を挽いて、淹れて。

 

その立ち上がってくる香りに、

ふわぁっとなるのはやっぱり同じでした。

 

この一杯を飲んだら、ミルをきれいに拭いておこう。