aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

メリークリスマス!と言わない クリスマス。

 
12月になって、
うちの骨格くんも、プチドレスアップ。
 
先日、幼稚園のクリスマス会がありました。
 
終わってから気づいた。
「メリークリスマス!!」って聞かなかった。
ひと言も。
 
なんて言ってたかというと、
 
先生   「クリスマス、おめでとうございます。」
子どもたち「おめでとうございます。」
 
だった。
 
仕事で参加できなかった夫の代わりに、
カメラマンをしてくれてた私の妹も、
「なんかはじめての感じのクリスマスだった。」
と言っていた。
 
歌がいっぱいで、
親も前に出されて歌って踊るし、
子どもたちの衣装もそれぞれかわいくて、
スカウトされたパパたちが、
 10人もサンタになって登場するし、
プレゼントもあったし、
けっこう見ごたえのある、
すごく楽しいクリスマス会だったけど、
 
キリスト教系の幼稚園だから、
楽しい中に、
牧師先生のお祈りもあるし、
讃美歌もあるし、
エス誕生の劇もあったし、
ちゃんといろんなことを伝えてくれていた感じ。
 
わたしは、
子どもネタはやっぱり弱いー。
 
どの子を見てもかわいくて、愛おしくて、
やけに涙ぐんでしまったよ。
 
うちのチビ熊は、
途中、なぜか泣いてたけど、
サンタさんからプレゼントをもらって大興奮!
楽しかったー!!!
 
幼稚園に行って、
意味のわからない歌の練習をして、
いつもと違うところに立たされて、
大勢の前で歌って、
きっとすごーく疲れるし、
心細くもなっただろうけど、
最後には、
超喜んでいた。
 
たまには、
こういう刺激もやっぱりいいよね。
 
会が終わったとたん、
プレゼントが嬉しすぎて、
興奮しすぎて、
猛ダッシュで走って帰ったうちのクマ。
 
わたしは。
ママ友だちと、ろくに話もできず、
片付けも、挨拶もなんにもしないで、
子どもを追いかけて、
一番で帰りました。
 
みなさん、ありがとう。
 
なんていうか、
宗教的なことはよくわからないけど、
 
エス様とか、
その教えとか、
単純にリスペクトいたします。
 
クリスマス会の後も、
ローケーキのプレゼントをもらったり、
シュトーレンをいただいたり、
お客さんからお土産をもらったり、
 
うちの子は、
もう充分すぎるほど、
メリークリスマス!な日々です。

f:id:aotaterumegumi:20171218105332j:plain

f:id:aotaterumegumi:20171218105439j:plain

f:id:aotaterumegumi:20171218105529j:plain