aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

スマートメーターと一通のメール。

ずいぶん前。
長野の親友から、
スマートメーターについて相談を受けていた。
 
そして驚きの返事をもらって、涙ぐんだのはこっちでした。
 
「森には、虫も動物も住んでるから。」
 
***
 
相談の内容は、
スマートメーターがつけられるという通知が来て、
電話で、中部電力と話をしても、
直接、家にやってきた担当者と何度、話をしても、
 
安全です。
古い形の機械はもうありません。
基準値内ですから。
 
の一点張りとのことで、
どうしたものか、と。
 
グリーンコープも生活クラブも、各生協が
自社電力をはじめています。
 
そちらに切り替える際、
チェック項目はあるものの、
それがどういうことか知らないで、
スマートメーターに切り替わってしまうことが多い。
うちもそうでした。
 
スマートメーターの電磁波は、
なぜかその数値が出ずらいのだけれど、
その影響は、
もの言わない体がちゃんと教えてくれています。
 
私の周りでも、敏感な人たち何人かから、
体の不調をこんなふうに感じた、と、
あれこれ聞きます。
 
感じなくても影響はしっかりあるわけで、
うちの整体に来られるお客様たちには、
旧式のメーターに変えてもらうか、
アナログ式に切り替えてもらうか、
をおススメしています。
 
でも。
なかなかすんなりいかない場合も多い。
 
電力会社の対応には、
(悪い人たちじゃないのは知ってるけれど)
毎回、ついため息が出てしまう。
 
その友達への、夫からの答えは、
そこまでやってダメなら、まあ。
 
「家のどこにメーターがつくの?
 半径5m以上離れてさえいれば、
 体への影響は少ないよ。」
ということ。
 
彼女から帰ってきた驚きの返事は。
 
「うちじゃなくて、
 すぐ近くにある神社の敷地なんだよね。」
 
自分ちじゃない?
わたしも知ってる、
ひと気のない、あのとっても小さい神社?
それに、そこまで頑張ってたの?
 
「でも、できるところまでやってみるよ。
 神社の森には、虫も鳥も動物も住んでるから。」
 
・・・・・。
 
泣きそうになってしまった。
 
そうなんだよ。
この人は。
なにかに対して文句を言ったりしないで、
(言ってもなんかこうサッパリしてて)
こういうことを淡々とやる。
 
もちろん、家族や友達の応援もあるんだろうけど、
サラリと行動するんだ。
 
だから、わたしは、
彼女の(農家をしてる)野菜が大好きだし、
彼女の、ときには厳しいけれど、
愛情たっぷりすぎるくらいの子育てを
いつもどこかで見習っている。
 
あれからずいぶん経って。
今日、メールが来て、
ブログもアップされていた。
 
了解を経て、コピー。↓
実績を作ったね。
カッコいい。
わたしのジマンの友達。
あー、よかった。
 
*****************************
 
スマートメーターその後。
昨日、中部電力から電話がかかってきた。
身構える私。
そうしたら
「以前のままの機械を手配できましたので、そちらに交換させて頂きます」とのこと。
こういうことで自分の希望が通ったことってほとんどなかったから腰が抜けるほどびっくりした。

えー!こんなことってあるんだな。
「色々言ってしまってお手数おかけしました」と言ったら
「いえいえとんでもありません」とのこと。
 
従来のメーターはもう生産していないし、リサイクルはしない方針でやっている、っていう前回の説明だったけれどね、って思ったけれど、それでもやっぱりほっとしたし嬉しい。
 
世間のいつの間にか進んでいく物事に声をあげるのって結構くたびれるものだけど、でもきちんと伝えて、とりあえずそれを中部電力の人もくんでくれて良かったな。
 
でもいくら国の方針でも健康などに不安のある人のために、選択肢はこれからも残していってほしいと思うのです。
次の交換時期がきたらいつの間にかスマートメーターになっているのかも知れないけれど、とりあえずしばらくは今のまま。
 
きっと森の虫や鳥や動物も、ほっとしているに違いない!