aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

ライフワークということと、ハイビスカスと。

ライフワークということと、ハイビスカスと。

 

*

 

日南海岸のハイビスカスが好きで好きで。

 

産直で500円の鉢に出会っちゃったので、
うちに来てもらいました。
うれしー。

 

今月も、出会い出会いの日々。

 

人にも出会ったけれど、言葉にも出会った。

 

” 手間暇かけるのは当たり前 ”

 

お米を作っている人(女性)の、仕事に対しての言葉。

 

古風な言葉かもしれないけど、
カッコよくて、ビリっとしびれた。

 

私の仕事は・・・
無職なようでいて、
育児と家事と、夫のサポートだな。

 

おお。
手間暇かけてるよなー。

 

もちろん、それは全部じゃないし、
いかに手を抜くか!ってところにも、
かなり本気なんだけど。

 

こどものものを用意したり、
ごはんの下ごしらえをしたり、
夫の仕事に必要なことを考えてたり。

 

でもそれはきっと、
みんなもやってる、
当たり前じゃないけど、当たり前のことで。

 

手間暇かけてますー!
言ってもいいけど、わざわざ言うまでもなくて。

 

なぜって。

それが楽しいからだし、
自分がそうしないではいられない、
ってことだ。

 

それが仕事、になるってしあわせ。

 

夫の仕事もそう。

 

仕事ってそういうことじゃないの?
大変なことも含めて、心と体が本当に楽しいことをしようよ。

って、
わざわざ言わないけれど、

 

夫が、
華奢な背中からいつも教えてくれること。

 

(そう単純にはいかないことも、いっぱいあるけどねー。)

 

一昨日。

宿泊のお客さまからいただいた、私への手紙。

 

「サクラケンの妻、というのは、
 すっごくすっごく偉大な職業(ライフワーク)だと思います。」

 

なんか、ホロリきた。

 

ハイビスカス、好きだなぁ。

f:id:aotaterumegumi:20170913170624j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170913170659j:plain