aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

スマートメーターのはなし。

こんなのあったからシェアしとこ。
うちも。
昨年、グリーンコープ電力に切り替えたはいいけど、
スマートメーターはホント、びっくりな体験だったから。
...
11月ころかな。
ぜんぜんパッとしなかった私。
疲れやすくてイライラしてた。
 
とくに。
ご飯を作り始めるとイライラしてくる。
わが家の食事はけっこう大変だから。
 
旦那のアレルギー対応で、
 これは使えないし、あれも使えない。
もう!わたしは食べたいのにー。とか。
妹の治療のための食事も重なって、
 いい加減もうやんなっちゃうよ。
なんで自分の食べたいものを作れないのー!
だいたいさ・・・・。
どいつもこいつも・・・。
グダグダごちゃごちゃ。
って。
爆発寸前だった。
 
でも、ある日気が付いた。
明らかに、台所に立つとイライラする。
なんとか気分を晴らしてみても、
台所に立ってしばらくすると、
胸のところがバクバクして、
気が上がった感じになって、
なにかに腹が立ってくる。

生理前のイライラの、
 ひどいバージョンな感じ。
何度試しても、やっぱりそうかも。
そこでようやく、
冷静に、旦那に話してみた。
「やっぱり?俺もそうなんだよね。」
そこで。
そういえば、
前から少し気になっていたスマートメーター
これって、検針の人が来なくなって、
データを無線で飛ばすんでしょう?
うち、大丈夫?
なんでこんなのに変わっちゃったんだっけ???
さぁねぇ。
なんて、のたりのたりと話したりしていた。
 
ここへ来て、ちゃんと調べてみると。
グリーンコープ電力に切り替える書類には、
ちゃんとチェック項目がある。
スマートメーターに切り替えます、って。
でも、
それがなんなのかよくわからないまま、
グリーンコープの食材は好きだし、
いいことするのよ気分のまま、
全部チェックして出したんだったー!
わたしが。
 
夫が、その機械を確認してみると、
家の外ではあるけれど、
台所の横の壁に付いていた!
夫は「これのせいだよ!」と言ったけれど、
それでも、まだわたしは半信半疑。
それもあるかもしれないけどさ。
あなたたちに疲れてるのよ、わたしは、っていう気分。
 
夫は、即、グリーンコープに電話。
いくつか電話を回され、
たどり着いた担当の人に、
「うちは全員、電磁波過敏症なので。」と話している。
ちょっと!いっしょにしないでよ!と思うけど、
夫は実際、敏感に反応する。
(過敏症じゃなく、被害症だといっています。)
 
そうしたら。
機械はそのままで、無線を止めてくれる、
ということに。
でもその工事までは、まだ数日かかるって。
 
こんなようなやりとりも、
わが家ではよくあるんだけど、
こういうのも、ホント、
いちいち生きづらくて大変よ、と思う私。
 
それから。
ある日。
あれ?
工事はまだのはずだけど、
今日は台所に立っても大丈夫。
なんか、いつもとぜんぜん違うな。
という日が。
その次の日も良かった。
「昨日も今日も、大丈夫なんだよね。」
と、旦那に報告すると。
したり顔。
 
わたしの知らないうちに、
うちで扱っている、
電磁波対策グッズを台所の隅に山積みしていた。
そのグッズのことも、実は半信半疑だったわたし。
電磁波の影響で体が辛い人にとっては、
何かの助けにはなる、と思ってたけど、
わたし自身にはそんなに必要もないしな、と、
ちょっと思ってた。
でも違ったー。
そのグッズのことでは、初めて、
夫と、それを作ってくれてる陶芸家さんのことを
やっぱすごい!と思った瞬間でした。
 
そして。
スマートメーターが、
やっぱりすごかったことがよくわかった。
工事も無事済んで、一件落着。
 
わたしはもう、
料理が嫌いになっちゃったのかと思った。
料理だけじゃなく、
家族のことが嫌いになりそうだった。
大げさじゃなく。
 
いつも思うんだけど。
なにかが悪いって言いたいわけじゃない。
シェアした記事の表現はちょっと過激だけど。
じゃ、こんなこと言わなければいいし、
フォーカスしなければいいんだろか。
そこんとこはまだよくわからない。
夫があんな整体師だし。
 
スマートメーターだって、
便利なありがたい機械なんだと思う。
ただ今回は。
なんだか知らないけど、疲れてイライラして、
それを誰かのせいにすることしかできなかった、
ってことがやっぱり嫌だな、って思った。
わたしの弱さが露呈しただけなんですが。
 
そんな症状を体験して味わうっていうのも、
大切なのかもしれないけど。
生理前や生理中に無理しすぎないで、
あえてゆっくりしたり、
いつもはできることでも、
その期間はできなくてもいい、ってことにしたり。
そうすれば、
大事な人たちに八つ当たりしないで済むみたいに、
わざわざ嫌な思いはしたくない。
こんなとき植物や動物たちはどうするんだろう、
 とよく思う。
今までにない環境に突然、出くわしたら。
自然界のものでも、人工的なものでも。
また新しいバランスを取り直しながら、
たくましく生きていくんだろか。
人間もそうやっているのかも。
でもそれが、
体調不良っていうバランスのとり方だったら、
やっぱりちょっと大変。
虫や動物なら、すぐどこへでも引っ越しできるだろうし。
どうなんだろう。
 
この土地が好きなわたしは。
今回は、スマートメーターの無線を外してもらって、
ホントによかったな、と思うので。
これ。
わたしにとっては、けっこう大きな体験でした。
メモしておくタイミングを逃してたけど、
関連記事を見つけたから、
どなたかの参考になれば。
なるかな。