aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

ある1日。

f:id:aotaterumegumi:20170529110634j:plain

3歳児のある1日。
遠足と、酵素風呂と、そのケツマツ。

朝からいいお天気。

...

まずは、幼稚園の遠足!

赤白帽は、意地でもかぶらず、
お誕生日プレゼントにもらった帽子をかぶって、
遠足へ。

スケジュールをそれなりにこなし、
母の作ったお弁当は、ひと口、ふた口。
あとは、おやつを食べまくり、
みんなが帰ったころに、本領発揮。
そのあとも、なかよしの友達としっかり遊び、
帰りの車でお昼寝。

超・不機嫌に目覚めたので、
お誕生日ケーキの残りを出してもらって、復活。

竹パウダーが到着したので
酵素風呂スタートを、
はりきってお手伝い。

までは、いいが、
お尻の穴の奥に、竹の細かい繊維が入ったらしく、
痛い痛いー!と大騒ぎ。

お風呂に入って解決。

までも、まあいいが。
そのまま裸で
放っておいたのがいけなかった。

お弁当の残りのお寿司を、
なぜかお尻で食べようとしていて(!?)、
お尻が寿司まみれ・・・。

なんか、いろいろ母ショック。

変わった家に生まれてきたよね、
 と思ってたけど、
その素質があったからなのねー(苦笑)。

わたしだけは君たちとは違う、
と言い続けたい母です。

f:id:aotaterumegumi:20170529110719j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170529110807j:plain