aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

桜と入園式。

f:id:aotaterumegumi:20170428200811j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170428200912j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170428200938j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170428200713j:plain

1週間前の入園式。
もう1か月くらい経ってるような気がする。。。

昨日の。
溺れそうなほどの桜を、写真だけでも添えて。

...

この園にしてよかったな、と思う毎日。

このややこしい家族を、
なんの問題もなく、
快く受け入れてもらって、
ありがたいことこの上ない。

入園式直前は、
夫も、私も、こどもも
油断していたそれぞれの正装問題に
少々あたふたしたけれど、

ゆるくて、
子どもの気持ち優先な、
かわいらしい入園式に、癒されました。

(体力勝負だった記念写真の撮影以外は。)

我が家の入園式は。。。

「正装でいらしてくださいね。」

正装?
なに?
なんだっけ、セーソーって?
からはじまり。

子どものは、
夫が、mikihouseにこだわりそうになる中、
予算の都合上、
ウェット服に蝶ネクタイ。

スーツを持っていない夫は、
結局いつもの感じ。
足元はスニーカーだし。

一番問題だった、わたしはといえば。

口紅1本さえ持っていないのに気付いたのは、
式の前日。

パンストを10年ぶりくらいに買い、
あとはぜーんぶ、
オシャレ好きな妹からの借り物。

お顔は・・・
ファンデーションなんかもうあきらめ、
足りない眉毛だけは、かろうじて書き足し、

口紅くらいは塗りたいよね、と
相談してみた友達の、

「口紅?ココナッツオイルでいいんじゃない?」
のひと言で、降伏!?

そうよね。

と、家にあった、
べんがら入りのミツロウクリームを発見し、
ぼてぼて塗って行きました。

今どきの中学生の化粧のほうが
まだましかも。

せっかくバシッと決めた(つもりだった)のに、
あっという間に子供に蹴られ、
泥だらけになり、

気に入っていたアクセサリーも、
おもちゃになり、
外され、引っ張られ、いじられ放題。

なりそこないのシンデレラ、ってとこでした。
なりそこないにしたって、四十路過ぎてますが。

家族そろって、
門前払いにならなくてよかったー。

もちろん、
そんな園なんかじゃなく、
懐深そうないいところです。

それどころか。

毎朝毎朝、
不安そうに泣いていた子供が、
今日はじめて、笑顔で幼稚園へ行った!

この子は、この人だからなぁ、
慣れてくれるのに1か月、
いや、もっとかかる?と思っていたのに。

幼稚園の先生たちと、
子どものペースを見つけてくれた夫のおかげ。
もちろん、
わたしが頑張ってるおかげー。

これから。
きっと、予想もしないようないろんなことが起こるのは、
だいたい知ってるけれど。

桜の春。

今年のお花見もかなりの満足度。

幸先いいかもしれないっ。