aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

チャイコフスキーとお蕎麦と春分。

f:id:aotaterumegumi:20170325235534j:plain

チャイコフスキーとお蕎麦と春分

*

わが家も少しだけずらして連休でした。

...

季節の節目にはかならず、
連休を取ることにしている夫。

春分は、わが家にとってちょっと特別。

夫も私も大好きなお蕎麦屋さんへ出かけました。

「ぶなの杜」(漢字変換できず)
という十割蕎麦のお店。

ぷくぷくと熊の子みたいに育っている、
まだもうちょっとのあいだ
2歳のうちの珍獣くんにも、
お蕎麦一枚を注文。

今まではお父さんの隣に座って、
手伝ってもらいながら食べていたのに、

この日は、

ひとりで座って、
お箸を割って、
お蕎麦を何本かすくい、
おつゆに、蕎麦の先だけをチョンとつけて
ズズズーッとすすり、
おつゆをピンピンと飛ばしながらも
いっちょ前に食べていた。

全部食べられないだろうと思って、
「ちょっとちょうだい」
と言っても、
「ダメ!」

休憩しながら、一人前ほぼ完食!

蕎麦が大好きなお父さんは、
わが子が、江戸っ子みたいに蕎麦を食べる姿に、
かなりご満悦。

親が好きなことって、
こんなにも早く子どもに伝わるものなんだね。

わたしたちに、
好きなことが多いほどいいんだろうな。

お互いムリはしませんが。

その前日。

珍しく
グズりにグズって夜8時に子どもが就寝。

チャーンス!
借りてきていたフランス映画のコメディー(!?)、
「オーケストラ」を観ました。

いやー!よかった!
期待していなかったけど、よかった!
こういうの、
いまのところ大好きです。

クラシックとかオーケストラとか、
今までほとんど興味なかったけど、
初めてすごいと思った。
こんなふうなのか、
本物見てみたーい!

夫は、
中学生のころから、
超割安で世界のオーケストラを鑑賞できる機会が
身近にあったそうで、
コンサートホールに通っていたオタク青年。

映画の中で演奏された、
チャイコフスキーも好きだったらしく、
興味のあるジプシーのロマ族も登場し、
こちらもまたご満悦でした。

さっきまで、
ノリノリでヒップホップを口ずさんでたのに、
その晩は、
もちろんチャイコフスキーのヘビロテ。

連休中は、
なんだか人が変わったように、
子どもとたーっぷり、
しかも楽しそうに遊んでくれた夫。

そうすると、
子どももやっぱり機嫌がいい。

そうなれば、
自動的に私もご機嫌。

わたしはお料理作るのに集中できたし、
そうするとやっぱ楽しいし、
集中してると花粉症のことも忘れるし。

この春の大変化は、
私の今までのコツコツコツコツ、
コツコツコツコツ・・・・・
の忍耐と努力の成果じゃないのかー!
とも、
思ってしまいそうになるんだけど、

そうだとすれば、
きっと夫のほうもそうですよね。

わたしの夫をやるのも、
きっと大変なんだろうな。
それが最近ちょっとわかってきました。

いつも一緒にいる人に、
ちゃんと丁寧に感謝するってことを、
思い出させてくれた、
ご機嫌で、優しい、
でもやっぱりちょっと変わった、
よき旦那様、だった春分

どうか反動が来ませんよーに。

誰も我慢してなかった(はず)だから大丈夫よね。

連休のおやつは、蒸しパン再び。

ちょっと失敗!
今回は、バナナと苺はあんまり合いませんでした。
そういうこともある。

と思ったけど、
外でよく遊んだ空きっ腹には
なんでも美味しくていいですね。

ケセラセラ~。

f:id:aotaterumegumi:20170325235618j:plain