aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

ソーダブレッド

f:id:aotaterumegumi:20170227134656j:plain

くるみとオートミールのソーダブレッド。

*
ソーダブレッドがあったじゃないか!
なんで今まで思いつかなかったんだろう。

...

試しに買っていた、
古代小麦の粉1キロ。

古代小麦なら、
わたしやこどもは
進んで食べたいところだけれど、
夫は食べないしなぁ。

夫が食べないとやっぱり作る気も失せる。

わが家風グルテンフリーをはじめて、
もうすぐ1年。

今となっては、
開拓が楽しく、
古代小麦さえ使わなくても、
クッキーもドーナツも、
作るのだいぶ慣れてきたし、

体も気分も楽で満足してるので、
存在を忘れそうになる。

でもせっかくだし、
どうやって使おうかと、
ちょっと持て余していた。

わたしには、
ソーダブレッドがあるじゃないか!

アイルランドのあの味にハマり、
何度も作ってたのに、
すーっかり忘れてた。

ここが南国だから?

あらためてレシピを探し。

ひさしぶりの小麦。
ちょっと混ぜすぎたか?
塩入れ過ぎか?

でもそんな心配はムダだった。
レシピも作り方も、
シンプルすぎるから。

わたしにぴったりじゃん。

チーン!
焼けた!

ん-、これは美味しーぞー!

夫が食べられないので控えめに大感動。

そこへ、起きてきた夫が、
メモったレシピを見つけ、
「これがソーダブレッドってやつ?
 食べていい?」
と笑顔で聞いてきた。

「あ、ごめん・・・古代小麦。」

これは、
これが体に合っている人が食べる、
醍醐味でしょう。

でも、
甘くないパウンドケーキみたいなものだから、
ラギ粉やタカキビ粉で作れるかも。
今度やってみましょうね。

そう。
この間。

お気に入りのお店で、
「今日はラーメンを食べる!」
と、かなりひさしぶりに私が言うと、
「えー?食べるの?」
と言った夫。

もうすぐ花粉症の時期なのに、
いつもあんだけ苦しんでるのに、
今、小麦摂るの?
という意味なのは分かっている。

わたしが不満そうな顔をしたら、
「いや、俺は止めないよ。」
「ダメなんて言ってないよ。」
という。

それはズルい!
その流れは矛盾してる。
自分の言葉の影響力をわかっていない!
と反論してから、
結局食べなかったわたし。

今日、ふつうのコロッケを食べた!

美味しかった!
んだけど、
風邪をひいてから、
いまいちスッキリ治りきっていなかった咳が、
また戻ってきておどろいた。

もう忘れてた、以前のようなエヘン虫。
子どもの頃からずっと気にしていたアレ。
お医者さんに話しても、
よくわからない、で済まされいた。

やっぱり小麦なのですね。
またしてもよーくわかりました。

これはわたしの場合は、ね。

でも美味しかったよ。

そろそろコロッケも。
家族にとって最高に美味しいのを
作りたくなってきたぞ。

春が近づき、
こどもとともに、
なぜか食欲倍増中。

うちの丸い怪獣みたいに
ぷくぷくになったらどうしよー。

*
ソーダブレッドの材料memo

スペルト小麦
オートミール
バナナ
くるみ

はちみつ
豆乳
BP

混ぜて焼く。

 

f:id:aotaterumegumi:20170227134708j:plain