aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

世界一のグルテンフリー弁当

f:id:aotaterumegumi:20170222171651j:plain

午後から電車で出張の夫へ。

世界一のグルテンフリー弁当。
これでどうだ。

...

駅まで歩けるところに住んでいるからか、
電車で食べるお弁当を作ることが多い。

家族でおでかけ。
出張の夫へ。
治療に出かける妹へ。
などなど。

おにぎりが好き。
他の人が作ったおにぎりも好き。
並んでるおにぎりが、本当に好き。ラブ。

もうずいぶん前。
仲が良かったおばちゃんの作るおにぎりが、
しっかりまとまってるのに、
中は夢のようにふわりとしてて、
食べるとほろり。
味もいい塩梅で。
いつもいつもそうで。

どうやったらこんなふうに握れるのか、
どうしてもどうしても知りたくて。

自分のこぶしを差し出して、
これを握ってみてください。
と言ったことがある。

「んー。適当よ」
とか言いながら握ってくれた。

細かいしわのあるやわらかい手で、
とっても優しい感じはあったけど、
やっぱりよくわからず。

「子供を産んだ人の手は、
 おにぎりが美味しくなるって言うけどね」
って言っていた。

子どもを産んでない人のだって美味しいし。
わたしもそういえば生んだはずだけど、
どうなんだか。

あのおばちゃんの作るおにぎりに、
近づけてるかどうか、
もう比べようもないけど、
夫は。

「お弁当ありがとう!
 めちゃくちゃ美味しかった!
 今まで食べた中で一番美味しいお弁当だった!
 俺、本当に幸せだなぁと思ったんだよ!」

と。
なんて答えたらいいかわからないくらい、
ベタ褒めしてくる。

夕方。
わたしは台所で一番忙しくしてて、
ババッと集中してやっちゃいたいときに限って、
すり寄ってきて、
そんなことを言う。

忙しいので、
適当に返事をすると、
シュンとしてどこかへ行ってしまうので、
追いかけて話を聞くけれど。

夫は、感情表現が派手。
世界一最高!か、
この世の終わりか、
どっちかなので、
これはいつものこととして。

できれば品種改良の少ない、
甘くないお米を求めているわが家。

最近、ご縁のあったササニシキを食べました。
大分で育った自然栽培のもの。

ものすごく美味しかった!
お米らしい甘味もちょっとはあるけど、
甘すぎなくてさっぱりして上品で。

5キロだけ分けてもらえて、
あっという間になくなった。
甘くないお米だと、ごはんだけで進む。

子どものお米離れは、
お米が甘すぎるからって聞くけど、
本当だわ、と、
夫と子どもを見てるとそう思う。

ハッピーヒルもいいけど、
ササニシキもやっぱりいいなぁ。
どこかで作ってないかしら。

あ。
そういえば。

夫が私のおにぎりを
大げさに褒めるようになったのは、

おにぎりにするご飯に、
梅酢を少し混ぜるようになってからかも。

あとはいつもどおりだもん。

梅酢もエライ。
おにぎりもエライ。

それで、
世界一のグルテンフリー弁当!

沢庵は、長野の友だちの美味しいやつ。

友だちもエライ!
わたしもちょっとはエライはず。