読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見える風景のことなどなど。

こどもに、 白い服を着せたいなーと思う。 泥だらけ、カレーまみれ、...みかんの汁まみれ、に、もちろんなるなる。 ナチュラルとかオーガニックとか、そういう自然なオフホワイト、ももちろん好きだけど、ここは、そうじゃない、 白!がになぜか惹かれる。 …

理由。

こどもが、「ようちえんいかないー!」と泣いた理由。 * 朝、幼稚園の門を...泣かずにくぐるようになってから4,5日目。 もう大丈夫だろー、と、こちらもすっかり安心したころ。 突然、異変の起きた朝。 「ここイヤだ! いかないー! おうちかえるー!」 …

アレルギー対決!

はじめての、幼稚園とアレルギー対決! * 「お母さん、アレルギーの話なんですけどね。」 ... ド、ドキッ。な、なんでしょうか? 「うちの大学生2年生の娘がね、 小麦を食べるな、って言うんですよ。」 と言ったのは、なんと。うちの幼稚園の担任の先生。 …

桜と入園式。

1週間前の入園式。もう1か月くらい経ってるような気がする。。。 昨日の。 溺れそうなほどの桜を、写真だけでも添えて。 ... この園にしてよかったな、と思う毎日。 このややこしい家族を、なんの問題もなく、 快く受け入れてもらって、ありがたいことこの…

端午の節句に。

男の子だから、 体を使って思いっきり遊ばせたい!なんて、わたしが決めたわけじゃない。 この人が私をそうさせているだけ。 ... そうしない日が1日でもあれば、エネルギーが余って余って、 忙しい時間に限って泣き叫ぶ! そういうのは、どこの子どもも似た…

幼稚園、初日パニック☆

雪の六甲と、蜂の巣公園と、入園パニック。 家族って、その人数分の世界を、 同時に生きているみたいだと思った。 ... お得なシステムなのかも。 わたしは今日。こどもの初登園。 今日は、怪獣でも子熊でもなかったよ。 うちの小さい人が、はじめて人間の幼…

感情表現に。

いつだったか。 ... 一生懸命ごはんを食べている、 子熊みたいなわが子を見ながら、 夫がつぶやいた。 「人間になるための練習をしている 動物を飼っているみたいだ・・・。」 まったくです。 怪獣から、 子熊くらいになってきた、うちの小さな人。 幼稚園に…

ウンチウンチって。

ウンチもオシッコも、素手で触る日々。 ときには、自分の両手も服も、...掃除したばかりの床も、ウンチまみれ 視線の先には、さらにウンチを落としながら走っている人が。 わが家では大ウン動会、と言っている。 そんな人生、想像もしなかった。 ほんの数年…