aotateru

この町がいつのまにか自分の場所になってきている。わたしと、ちょっと風変わりな整体師の夫と、わたしたちのところに降りてきた、とてもとても元気なこどもとの暮らし。どんどん流れていく日々を、風景を、ちょっと待った、と切り取ってここに大切に取っておこう。整体のこと、グルテンフリーのこと、子どもといっしょに見えてくる風景のことなどなど。

感情表現に。

 

f:id:aotaterumegumi:20170428201856j:plain

 いつだったか。

...

一生懸命ごはんを食べている、
子熊みたいなわが子を見ながら、
夫がつぶやいた。

「人間になるための練習をしている
 動物を飼っているみたいだ・・・。」

まったくです。

怪獣から、
子熊くらいになってきた、
うちの小さな人。

幼稚園に通いはじめたら、
人の子らしくなってくるんでしょうか。

それも寂しいような、
うれいしような。

それにしても。
子どもの欲求って、なんて無限大。

3歳を目前にした現在。
まだまだ、
時も場所もタイミングも選ばず、
欲求に超ストレート。

ずいぶん落ち着いてきたとはいえ、
それでも。
どうしても叶えたいことがあれば、
泣く!泣く!叫ぶ!

*

子熊: おかあさん!
    ストロー!
    ストローがいい!!

私 : え”?
    要らないよー、そんなの。
    そのまま飲めばいいじゃん!

夫 : 出してきてやるよ。
    どこにあるの?

私 : いいよ。
    ストロー出したって、
    またなにか言ってくるだけだから。
 
子熊 :ストローがいいー!!(泣)
    フェーン!!(大泣)
    ストローが、だいすきなのー!!!

・・・へぇ。

大好きなのか!
そんなに好きだったのか。
じゃあ、出してきてあげるよ・・・。

となった、先日の私。

*

他にも。

わたしが猛スピードでお料理をしていると、
たいてい台所にやってきては
足元にまとわりつく。

危ないから!
あっちいってて!

夫も、
「あぶないよ!こっちおいで!」

フェーン!!(泣)
さみしかったのー。
おかあさんのところにきたかったのー!!!

そうだったのねぇ。
ごめんねぇ。
(ガシッ!ハグ!!!)

*

今日は。

子「くつー!
  くつぬぐー!
  エーンエーン!
  ギャオー!!!」

自分で脱げー!

(子どもを車の後ろに乗せて、
 わたしも運転席に座ったのに、

 わたしにもう一度車から降りて、
 自分のところまできて、

 靴を脱がせ直してほしい!
 という欲求。)

ちょっと!!
よく聞いて!
あのね。

急いで車に乗ったの!
ここは風が強くて、花粉がすごくて、
また外に出たら、
お母さん目がかゆいし痛いし、
悲しいの!!

子「・・・・・。ごめんね。」

うん、いいよ。
 
子「おかあさん、(ボク)ねる。」

いっぱい遊んで、
眠くって甘えたかったんだねー。

*
そして。
夜、いっしょに布団に入ると。

「おかあさん、ごめんね。
 おこってごめんね。

 おかあさん、
 おこっちゃだめからね。
 わかった?
 
 おかあさん、だいしゅき。」

んー。
はい、すいませんでした。
おかあさんも、だいすきだよ。

どうやら、
子どもはいつだって、先生だ。

*

覚えている言葉の数が少ないから、
ということなのかもしれないけれど、

自分がそんなことになってしまった理由や、
自分の感情を、
こんなにもわかりやすく、
まっすぐに表現できるなんて。

ちょっと感動する。

幼いからなのか、
うちの子が単純だからなのか。
そういう時期なのか、
男の子だからなのか、
男がそういう生き物なのか。

すごいなぁ。

大人になるほど
いろんな都合がやってくる。

さりげないかけひきとか、
気持ちのさぐりあいとか、
本音と建て前とか。

そういうことを身につけたら、
世渡りは上手になるのかもしれないけれど。

うれしいとか、
楽しい、とか、
ありがとう、とか、
そういうことと同じくらい、

寂しかったよとか、
悲しいんだよとか、
ごめんね、
ってことを、
ちゃんと伝えられる人になってね。

うちの夫がそんな人。

最初わたしは驚いた。

大の大人が
自分の気持ちを包み隠さず、
そんなふうに伝えてきてもいいわけ?

あ、いいわけかー。
それで誰かに迷惑かけたりはしないのか。

なんてシンプルなんだ。
自分はできないけれど。

と思った。

でも、
夫と暮らすようになって、
(歯の金属をぜんぶ取ったこともあってか!?)
わたしもちょっと慣れてきた。

夫や子供ほど
ストレートにはできないけど、

いつのまにか、
自分の気持ちをはぐらかしたり、
なにかのせいにしてみたり、
そういうことが、
ようやくようやくよーやく、
ちょっと減ってきた気がする。

んー、実際はどうでしょう。
自分ではよくわからないけれど。

この小さな人は、
夫のそんないいところ(たぶん)を
今のところ
ちゃんと受け継いでいる。

大きくなっても、
自分の気持ちを
素直に伝えられる人になってほしいし、

そういうことを
言いやすい家族でいられたら、と思う。

もちろん。
反抗期だって、
思春期だって来るだろうし、
来ればいいさ。

そしたらきっと、
コミュニケーション取りづらくなるんだろうなー。
腹も立ったりするんだろうなー。

あ。
それは今だって同じだ。

いやー、子育てってすごいことだ。

でも。
この時期のこんな記憶が、
きっとずっと、
わたしを支えてくれるのかもしれない。

忘れっぽいし
飽きっぽいわたしが、
ちゃんと覚えていられたらいいんだけれど。

日々のこといっぱいいっぱいと、
軽いとはいえ、
 じわじわ来る花粉症。

いつもとちょっと体調が違えば、
それだけでもう、
意識なんかどっか遠くへ
飛ばしてしまいたいくらいなのに、

それぷらす、
はじめての幼稚園の準備で、
なんかもう、
なにがなんだかわからない日々。

自分の親はどうだったんだろーなー、
ってやっぱり思うね。

どうだったとしても
感謝せざるをえず。

この。
あるときは怪獣で、
あるときは子熊で、
あるときは天使みたいな、
このとびきりパワフルな小さい人が、

元気いっぱい走り回って、
笑って、
叫んで、
転んで泣いて、
いっぱい疲れて、
いっぱい食べて、
ちゃんとよく眠れるといいなと、
やっぱり。
願わずにはいられない。

幼稚園がはじまるまで、
毎日毎日。

今日はどこに放ってやろうか、って、
アメニモマケズ、
花粉ニモマケズ、
わたしもけっこう楽しんでるよ。
ありがとうね。

って。
わたしが。
この人が大きくなっても、
ちゃんと言える大人になろう。

*

おやつ。

なんかもう、
グルテンフリーとかさ、
そんな大騒ぎしなくてもー。
という気分の日。

材料、芋 のみ。
   
こういうの、
オシャレなレシピ本には絶対ないけど、
一番美味しいね。

 

f:id:aotaterumegumi:20170428202621j:plain

雨の日のオーブンと、今日のお客さま。

f:id:aotaterumegumi:20170428201323j:plain

くもりや雨のつづく春。
桜色の春は、
まだもうちょっと先になりそう。

朝ごはんを作りながら、
少しでも余裕があれば、
その日のお菓子を作るのが、
ここのところの
わたしの楽しみになっています。

電気使用量の多い、
まだまだ寒い春。

お客様が来られる前に、
整体のお部屋をあたためていた、
ホットカーペットと、暖房を、
一度消してもらい、
30分だけ電気を借りる。

昨日は、
黒糖のアイスボックスクッキーと、

今朝は、
バナナのホットビスケットが焼けました。

そして、さっきふと気がついた。

以前は。

自分が作ったお菓子って、
他の人がどれだけ美味しいと言ってくれても、
「自分ではあんまり食べる気がしないんだよね」
と思ってたこと。

それは、
自分のよく知ってる味だし、
もう飽きてるのかと思ってた。

それが。
雑穀の粉や米粉で作るようになってからは、
それがなくなったかも。
夫と子どもと競って食べてるかも。

だから楽しいのか。

へぇ!
な発見。

*

そして。
今日はうれしい日。

冬から通われているお客さまが、
とーってもよくなっているそうで。

原因不明の重度のてんかん発作で、
めぐりめぐって、
ここへ来られた女性。

定期的に、
しかもかなりの頻度で、
通われている。

たいてい体調が安定しないため、
毎回お母さまが付き添いで来られています。

いつだったか。
「よくなってるんでしょうかねぇ。
 先生にすべてお任せしていますが・・・」

なんて、
わたしにつぶやかれていたお母さん。

それが今日は。

「来るたびによくなるので、
 ここへ来るのが楽しみです。」

とご本人もお母さんも、
そう言ってくださったとか。

あー。
うれしいうれしいうれしい。
ものすごーく!うれしい。

こんな整体師の妻でよかった、
と思う瞬間。

そして、午後のお客さまも。

クリスタルボウルを演奏する、
感性豊かなちょっとおもしろい女性。

夫と
マニアックなところで話が合ったようで、
夜までずいぶん盛り上がっていました。

うちのスタイルって
いいだかわるいんだか、

ホントに偏ってて変ってるんだと思うんだけど、
それが愛おしく、
やっぱり尊く、
あっぱれだと思わせてもらった日。

ご縁に感謝。

f:id:aotaterumegumi:20170428201352j:plain

チャイコフスキーとお蕎麦と春分。

f:id:aotaterumegumi:20170325235534j:plain

チャイコフスキーとお蕎麦と春分

*

わが家も少しだけずらして連休でした。

...

季節の節目にはかならず、
連休を取ることにしている夫。

春分は、わが家にとってちょっと特別。

夫も私も大好きなお蕎麦屋さんへ出かけました。

「ぶなの杜」(漢字変換できず)
という十割蕎麦のお店。

ぷくぷくと熊の子みたいに育っている、
まだもうちょっとのあいだ
2歳のうちの珍獣くんにも、
お蕎麦一枚を注文。

今まではお父さんの隣に座って、
手伝ってもらいながら食べていたのに、

この日は、

ひとりで座って、
お箸を割って、
お蕎麦を何本かすくい、
おつゆに、蕎麦の先だけをチョンとつけて
ズズズーッとすすり、
おつゆをピンピンと飛ばしながらも
いっちょ前に食べていた。

全部食べられないだろうと思って、
「ちょっとちょうだい」
と言っても、
「ダメ!」

休憩しながら、一人前ほぼ完食!

蕎麦が大好きなお父さんは、
わが子が、江戸っ子みたいに蕎麦を食べる姿に、
かなりご満悦。

親が好きなことって、
こんなにも早く子どもに伝わるものなんだね。

わたしたちに、
好きなことが多いほどいいんだろうな。

お互いムリはしませんが。

その前日。

珍しく
グズりにグズって夜8時に子どもが就寝。

チャーンス!
借りてきていたフランス映画のコメディー(!?)、
「オーケストラ」を観ました。

いやー!よかった!
期待していなかったけど、よかった!
こういうの、
いまのところ大好きです。

クラシックとかオーケストラとか、
今までほとんど興味なかったけど、
初めてすごいと思った。
こんなふうなのか、
本物見てみたーい!

夫は、
中学生のころから、
超割安で世界のオーケストラを鑑賞できる機会が
身近にあったそうで、
コンサートホールに通っていたオタク青年。

映画の中で演奏された、
チャイコフスキーも好きだったらしく、
興味のあるジプシーのロマ族も登場し、
こちらもまたご満悦でした。

さっきまで、
ノリノリでヒップホップを口ずさんでたのに、
その晩は、
もちろんチャイコフスキーのヘビロテ。

連休中は、
なんだか人が変わったように、
子どもとたーっぷり、
しかも楽しそうに遊んでくれた夫。

そうすると、
子どももやっぱり機嫌がいい。

そうなれば、
自動的に私もご機嫌。

わたしはお料理作るのに集中できたし、
そうするとやっぱ楽しいし、
集中してると花粉症のことも忘れるし。

この春の大変化は、
私の今までのコツコツコツコツ、
コツコツコツコツ・・・・・
の忍耐と努力の成果じゃないのかー!
とも、
思ってしまいそうになるんだけど、

そうだとすれば、
きっと夫のほうもそうですよね。

わたしの夫をやるのも、
きっと大変なんだろうな。
それが最近ちょっとわかってきました。

いつも一緒にいる人に、
ちゃんと丁寧に感謝するってことを、
思い出させてくれた、
ご機嫌で、優しい、
でもやっぱりちょっと変わった、
よき旦那様、だった春分

どうか反動が来ませんよーに。

誰も我慢してなかった(はず)だから大丈夫よね。

連休のおやつは、蒸しパン再び。

ちょっと失敗!
今回は、バナナと苺はあんまり合いませんでした。
そういうこともある。

と思ったけど、
外でよく遊んだ空きっ腹には
なんでも美味しくていいですね。

ケセラセラ~。

f:id:aotaterumegumi:20170325235618j:plain

今日のおやつとお客さま。

f:id:aotaterumegumi:20170325235103j:plain

今日のおやつと、今日のお客さまのこと。

おやつは、
あわ粉と米粉のアイスボックスクッキー。

...

雑穀グルテンフリーがいい。
というのが、いまのわが家の感じ。

マヤナッツとココアを風味づけに。

クッキーだと
ベーキングパウダー使わないのがいいなぁ。

棒にして、冷やして、切って・・・
なんて手間!
今までやったことなかったけど、

グルテンフリーだと、
なんて楽で美味しいこと。

やっぱりハマっています。

ひそかにハマってることにしようと思ってたけど、
ひそめなくなってきた。
どうしよー。

今日、うちに寄ってくださったお母さん。

もともと、
添加物さえまったく気をつけたことがなかった方。

それが。
子どものためにわが家に通われてもう2年?

まず、マドゥーパンにたどりつき、
うちの整体に来られ、
食品の原材料を見るようになり、
グリーンコープに加入され、
わたしの知らない間に、
グルテンフリーも始めていて。

お子さんの自閉症が、
期待以上によくなって、
整体はもうあと1回で卒業予定。

うちに置いてあった本を見ながら、
話しはじめられた。

小麦を抜いてみると、
ホントに体が楽なんですね。
朝が楽です。

(きれになりましたよね!
 という夫からの茶々が入り)

ありがとうございます!!
でもほんと、肌の調子も違いますよね。

もらったお菓子とかたまに食べると、
首肩が重くてだるくなっちゃうから、
小麦をどうしても食べたいときは、
次の日休みの時にしてるんです。

とさらりと話されて、
こっちがびっくりしたよ。

子どもには、米粉のパンも手作りしてるとか。

テゲ、スゲッチャガ。(合ってるかな)

ただ、
周りにそういう話をできる人がいなくて、
と、ちょっとだけ寂しそうで。

焼きたてのクッキーを、
持って行ってもらいました。

 

ちなみに。

アレルギー検査をしても、
小麦も乳製品も引っかからない方もいます。

そういう方がいると、
夫は、ホッとするそうで。

俺が、手あたり次第に
小麦をやめろ、と言ってるわけじゃなかったんだ、
よかったー、
と思うそうです。

 

「あの整体院に行けば、、
 とりあえず歯の金属と小麦をやめろ、
 って言われちゃうよ」

って感じになってるんだろうなぁ。
って私も思ってますが。

みなさん。
必ずしもそうじゃない、みたいです。

でも、
雑穀&古代小麦グルテンフリーは
美味しいしけっこういいことあると思うんです。

ダカラデスヨー!

f:id:aotaterumegumi:20170325234701j:plain

ぐるてんふりー、だからですよー!

「だからです!よー。」

は、やけに気になる、宮崎弁のひとつ。...
「す!」だけ協調して、音は高め。
あとはぜんぶ平坦で同じ音。

「だから!よー。」
のときは、「ら」を強調。

年齢が上がると?
「じゃかいよ!」
とも言う。

***

「だからですよー♪♪」

と、思わず口をついて出たのは、
こんなメッセージをもらって
うれしくなったので。

使い方合ってるかな?

*

うちの整体を受けに来てくださっているご夫婦。

ご主人は良くしたい症状あり。
奥さんは、健康診断的に。

という理由で来られたお二人。

もう3回ほど整体が終わったのかな。
きちんと良くしていくためには、
避けては通れないアレルギー検査で。

やはりグルテンフリーをされることに。

そんなとき、
わたしはいつも心配してしまう。
その良さも、
紆余曲折も通ってきたから。

が。
そのお二人が、
グルテンフリーをはじめられてしばらく経ったころ。

お客さんが来られたとかで、
以前はときどき食べていたクロワッサンを、
食べてみたところ、
その違和感に夫婦そろって驚かれたとか。

その直前、
マドゥーパンの古代小麦クロワッサンに
出会ってしまったからかもしれないけれど、

その感覚が、
動物的でとってもおもしろいですね、
と書いてありました。

続き・・・

*

私は、すごーくお腹が空くと、
手足が震えたり、
冷たくなることがあったんですが、
グルテンフリーを始めてから減りました。

そのあとにご飯を食べると
頭痛や倦怠感がある時があったんですが、
それもなくなりました◎

低血糖なのかなと、
勝手に思ってたんですが、
この前血液検査した時の結果では
血糖値に問題なしだったので、
原因は違うところにあったのかも...ですね。

主人は、朝起きた時の体が軽い!
と喜んでいます(^^)
良かった◎

このまま続けていけそうです。

*

「だからよ!♪」

だからなのよー。

小麦とか乳製品とか、
食べ物とか直接関係ないでしょー、
って思っていたことが、

グルテンフリーをしばらく続けてみると、
あれ?あんなのも、こんなのも、
ちょっと気になってたことが、
いつの間にか良くなってた!
ってことがあるんだよー。

あ。
もちろん。
夫の整体で、
体全体を調整させていただいておりますので、
その効果もきっとあるかな、

ということも補足して、と。

だからよー!

そのあと、
以前食べてたものを食べてみると、
症状が戻ってきたりして、
これがこういうことだったのかー、
っていうのもおもしろいのよ。

でもよー。

小麦料理も乳製品料理も、
パラダイスなこの世の中。

多少アレルギーがあったって、
楽しくなかったら、
今生きてる意味がなーい。

ので。

それがわかっていて、
食べたいときは、
シュークリームだって、
パスタだって食べちゃう。

ただ。
できれば質やストーリーは選びたい。

でも。
勢いで適当なのを食べちゃうことがあるのも、
自分なので許しちゃう。

*

今日。
お客さんにいただいた、
手作りの米粉ブラウニー。

びっくりするほどの完成度。
すごーい。

わたしの心配をよそに、
グルテンフリー、
やってみてる人たちに好評で、
わたしはもう、心底ホッとしています。

わが家は。

昨日のお花見のおやつは。

米粉とあわ粉のバナナレモン蒸しパン。

お砂糖使わなかったけど、
激ウマだったー。
激うま、とか、古いかしら。

ゆるグルテンフリー、
かなりハマちゃって、
材料をまとめ買いする余裕がないときでさえ、
本が増えています。

だからよー!

今夜は超お買い得のキハダマグロで、
つみれ鍋。

最後の感じはたぶん、
ちょっと使い方が違うんだよなぁ。

愛おしき宮崎弁。
まだまだです。

休日の男ふたり。

f:id:aotaterumegumi:20170317231240j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170317231207j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170317231226j:plain

桜、3種。
酒谷です。

休日の男二人。

*

実は。
休日の過ごし方。
に、戸惑うことが多いわが家。

整体は、
仕事であって、
趣味であって、
人生そのものであって・・・
な夫なので、

整体をしない休日を
どう過ごしていいか、
わからないことがよくあるらしい。

それって。。。
定年退職直後の
お父さんみたいじゃないか。

でも今日は。
わたしに合わせる!
私が楽なようにして!
と言われて♪

やったー。

でも喜ぶのはまだ早い。

そんな夫とこどもが、
今日1日。
兄弟ゲンカなどすることなく、
仲良く過ごせるかどうか。。。

結果は。
パーフェクト!

わたしだったら、
ダメ!って言ってしまいそうなことも、
男二人、なにやら楽しそうに、
そして激しく、
ワイワイとたっぷり遊んでいました。

あー、いいお休みだった。

夫にありがとう。
ご褒美はとくにありません。

だって、これはきっと、
日ごろの私へのご褒美だったから。

休日でも、
寝る前にはやっぱり私の整体をしてくれる夫です。
たいていお酒入ってるけど。

まあ。
今夜は一本多めにつけますか。

*

最後の麗しい桜羊羹は、
ポンチセさんから。

ため息が出るほど美味しかった。

花粉と桜色の春が来てます。

f:id:aotaterumegumi:20170317231500j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170317231608j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170317231637j:plain

f:id:aotaterumegumi:20170317231653j:plain

 

ソーダブレッド

f:id:aotaterumegumi:20170227134656j:plain

くるみとオートミールのソーダブレッド。

*
ソーダブレッドがあったじゃないか!
なんで今まで思いつかなかったんだろう。

...

試しに買っていた、
古代小麦の粉1キロ。

古代小麦なら、
わたしやこどもは
進んで食べたいところだけれど、
夫は食べないしなぁ。

夫が食べないとやっぱり作る気も失せる。

わが家風グルテンフリーをはじめて、
もうすぐ1年。

今となっては、
開拓が楽しく、
古代小麦さえ使わなくても、
クッキーもドーナツも、
作るのだいぶ慣れてきたし、

体も気分も楽で満足してるので、
存在を忘れそうになる。

でもせっかくだし、
どうやって使おうかと、
ちょっと持て余していた。

わたしには、
ソーダブレッドがあるじゃないか!

アイルランドのあの味にハマり、
何度も作ってたのに、
すーっかり忘れてた。

ここが南国だから?

あらためてレシピを探し。

ひさしぶりの小麦。
ちょっと混ぜすぎたか?
塩入れ過ぎか?

でもそんな心配はムダだった。
レシピも作り方も、
シンプルすぎるから。

わたしにぴったりじゃん。

チーン!
焼けた!

ん-、これは美味しーぞー!

夫が食べられないので控えめに大感動。

そこへ、起きてきた夫が、
メモったレシピを見つけ、
「これがソーダブレッドってやつ?
 食べていい?」
と笑顔で聞いてきた。

「あ、ごめん・・・古代小麦。」

これは、
これが体に合っている人が食べる、
醍醐味でしょう。

でも、
甘くないパウンドケーキみたいなものだから、
ラギ粉やタカキビ粉で作れるかも。
今度やってみましょうね。

そう。
この間。

お気に入りのお店で、
「今日はラーメンを食べる!」
と、かなりひさしぶりに私が言うと、
「えー?食べるの?」
と言った夫。

もうすぐ花粉症の時期なのに、
いつもあんだけ苦しんでるのに、
今、小麦摂るの?
という意味なのは分かっている。

わたしが不満そうな顔をしたら、
「いや、俺は止めないよ。」
「ダメなんて言ってないよ。」
という。

それはズルい!
その流れは矛盾してる。
自分の言葉の影響力をわかっていない!
と反論してから、
結局食べなかったわたし。

今日、ふつうのコロッケを食べた!

美味しかった!
んだけど、
風邪をひいてから、
いまいちスッキリ治りきっていなかった咳が、
また戻ってきておどろいた。

もう忘れてた、以前のようなエヘン虫。
子どもの頃からずっと気にしていたアレ。
お医者さんに話しても、
よくわからない、で済まされいた。

やっぱり小麦なのですね。
またしてもよーくわかりました。

これはわたしの場合は、ね。

でも美味しかったよ。

そろそろコロッケも。
家族にとって最高に美味しいのを
作りたくなってきたぞ。

春が近づき、
こどもとともに、
なぜか食欲倍増中。

うちの丸い怪獣みたいに
ぷくぷくになったらどうしよー。

*
ソーダブレッドの材料memo

スペルト小麦
オートミール
バナナ
くるみ

はちみつ
豆乳
BP

混ぜて焼く。

 

f:id:aotaterumegumi:20170227134708j:plain